February 10, 2018

ヴォルフスブルク、2015-16新アウェイユニフォームは驚きの3色ストライプ

ディーター・ヘッキング体制3年目の昨季、バイエルン・ミュンヘンに次ぐリーグ2位で優勝した2008-09シーズン以来のCL出場権を獲得したヴォルフスブルク。豊富な資金でも知られる彼らだが、すでに競争力のあるチームを手にしていることもあってか、今のところはボルシアMGからドイツ代表FWマックス・クルーゼを獲得した程度と静かなオフを過ごしている。 Wolfsburg 2015-16 Kappa Away ヴォルフスブルクは昨季のDFBポカール決勝を前に2015-16シーズンの新ユニフォームを発表。新しいホームを着て見事初優勝を飾った。 9日に発表されたアウェイは、同じくDFBポカールで20年前の1994-95シーズン、決勝に進んだ際のユニフォームをベースにしたデザイン(※ボルシアMGに0-3で敗れ準優勝だった)。当時は緑と黒のストライプだったが、今回は緑に白と青を組み合わせた大胆な縦縞を採用している。 パンツとソックスは緑のようだ。 ヴォルフスブルクの場合は白と緑の位置づけが曖昧で、ホームとアウェイの色が逆になることも多い。ただ、緑をホームにすると色が被るのがブレーメンぐらいでアウェイの存在が微妙になってしまうこともあってか、ここ数年は「白のホーム、緑のアウェイ」という形となっている。

February 7, 2018

ドルトムント、CLは2016-17シーズンも別ユニフォームを使用!

昨季ブンデスリーガ2位のボルシア・ドルトムントは今季の開幕戦も白星発進。しかし週末に迎えた第2節、RBライプツィヒとのアウェイゲームでは、昇格組を相手に0-1の敗戦を喫している。 今週はいよいよチャンピオンズリーグが開幕。ドルトムントは2016-17シーズンも欧州カップでは別の新ユニフォームを使用する。 Borussia Dortmund 2016-17 Puma International 基本ホームとして使用するため、黄色を基調に黒と組み合わせたデザインを採用。肩の曲線がKappa時代の2009-10ホームあたりを思わせる。 香川真司が加入する直前のシーズン。左に見えるのは当時21歳のヌリ・シャヒンだ。 肩の黒部分はカーボンパターン。なかなか良いアクセントになっている。 ドルトムントのCL初戦は15日、レギア・ワルシャワとアウェイで対戦する。

February 5, 2018

バイエルン 17/18 GKユニフォーム ホーム

また、2017-18シーズンのGKユニフォームも一緒に発表されている。 Bayern München 2017-18 adidas GK Home こちらは黒を基調に赤のVネックを取り入れたデザイン。 おそらく多くの試合で守護神マヌエル・ノイアーが袖に通すことになると思われる。 これらの新ユニフォームは今週末の20日に行われるブンデスリーガ最終節、フライブルクとのホームゲームで初使用される。